空海を読む・心は進化する「十住心論」 大仏の教え「華厳経」
  • 教室開催

  • 宮崎 信也(高野山真言宗・般若院住職)
  • 宮崎 信也(高野山真言宗般若院住職)
講師詳細

「新しい平安の時代にふさわしい仏教とは?」を問う淳和天皇に対し、空海が応えて著したのが『十住心論』です。真言宗の中心経典『大日経』の第一章「住心品」をタイトルにするように、空海は「真言宗とはいかなる宗派であるか」を述べるにとどまらず、我々の欲にまみれた俗世から倫理、道徳、宗教心の芽生え、道教、ヒンズー教諸派、ネ派キリスト教など世界の宗教思想から、釈尊の教え、ビッパサーナ瞑想法や止観など所謂小乗仏教諸派、そして大乗から密教へとあらゆる人々の心の在り方を十の段階に分けて見事に解き明かします。これは知の巨人・空海の世界宗教思想マンダラです。
大乗仏教は「空」をあらゆる観点から考察します。今期は、奈良の大仏の教えであり大乗仏教のピーク「華厳経」に説かれる「一切即一:一即一切」を空海の解説に従い具体的に瞑想する法を学んでいきます。「華厳経」は空海密教や道元の禅にも深い影響を与えています。「般若心経」を深く知る上でも、大いに参考になるはずです。(講師・記)
2019年4月開講

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2022/7/18, 8/22, 9/19
曜日・時間
月曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
<テキスト>
当日プリントを配布します。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

宮崎 信也(ミヤザキ シンヤ)
宮崎 信也(ミヤザキ シンヤ)
1956年徳島生まれ。大谷大学大学院修士課程・文学修士。高野山真言宗・般若院住職。明治大学野生の科学研究所研究員・多摩美術大学芸術人類学研究所客員研究員。編著書に「東方の知恵」(スコット・リンライリー共著・角川書店)「ブッダの方舟」(中沢新一、夢枕獏共著・河出書房)。最新刊「幻想神空海」(夢枕獏共著・マガジンハウス)などがある。