• 見学可

絽刺し

  • 石川 朝子(絽刺し静華会会長)
講師詳細

絽の布地に色とりどりの絹糸で文様や絵柄を刺す「絽刺し」は、遠く天平時代から伝わる日本の伝統工芸のひとつです。その仕上がりの美しさは趣味工芸品として最高の評価を受けていますが、残念なことに一般の方にはあまり知られておりません。あれこれと図案を考えたり、配色を工夫したりしながら、一針、一針、絵を描くように色糸を刺していく楽しさは格別です。制作の幅も広く、アクセサリーなどの小物から着物、小箪笥までとバラエティに富んでいます。心静かに布と針に神経を集中するひとときは、日々の暮らしの中に憩いと安らぎをもたらしてくれることでしょう。手芸に興味をお持ちの方、「絽刺し」をはじめてみませんか。是非お勧めいたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/8, 11/12, 12/10
曜日・時間
第2 火曜 10:00~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 11,880円 
持ち物など
初めての方は教室にて初日に<教材セット約7700円(木枠、絽、糸と針、図案、基礎刺し)>をお求めください。恐れ入りますが現金払いのみで承ります。
<各自ご用意ください>握りばさみ、筆記用具。細かい作業ですのでお持ちであれば手芸用の拡大鏡をご持参ください。

講師詳細

石川 朝子(イシカワ トモコ)
1934年生まれ。1956年、聖心女子学院卒業。1965年、フローラ・デ・ジョー主宰。1968年、渡米しヒューストン、シカゴに教室を開催。1970年、静華会を継承。カルチャーセンター他、京都、高松、東京、小田原、各教室講師を務める。現在、静華会会長。
主な受賞歴 2005年文部科学大臣賞受賞(古典手芸絽刺し・菊づくし)、2016年第87回第一美術協会展一般佳作賞、2019年第90回第一美術協会展準会員佳作賞。
著書 「花それぞれ」「幸せのブライダルプラン」けやき出版、「暮らしの便利辞典」小学館、「冠婚葬祭HOWTO辞典」講談社、「絽刺し作品集」、「絽刺し作家辞典」NewYorkArt発行、その他新聞、雑誌掲載多数。