電線の鳥たち なぜ止まる?どこに止まる? オンライン講座

  • 三上 修(北海道教育大学函館校教授)
講師詳細

江戸時代の絵には、しばしば柳の木の下を飛ぶツバメの姿が記されています。現代では失われてしまった、当時を偲ばせる景色と言えます。翻って現代で、この柳に相当するものは何かと言えば、町の中に大量にある「電線」ではないでしょうか。電線の合間をツバメやスズメが飛び、彼らは、しばしば電線に止まっています。現代的なこの景色も、「今の時代ならでは」と思えば、なかなか乙なものではないでしょうか。でも実は彼らは、電線と、それらを渡している電柱を、もっと多様に使いこなしているのです。そもそも電柱や電線が何のためにあるかご存知でしょうか。この講座では、電柱電線そのもの、そしてそれらと鳥の奇妙な関係を見ていきます。日々のお散歩が楽しくなること請け合いです。(講師・記)

*見逃し配信あり(一週間限定)

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講3日前まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/9/11
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

三上 修(ミカミ オサム)
1974年松江市生まれ。東北大学理学研究科博士課程修了。理学博士。九州大学、立教大学、岩手医科大学を経て、現在は北海道教育大学函館校教授。都市に生息する鳥類の生態と人との関わりについて研究をしている。著書に『スズメ―つかず・はなれず・二千年』(岩波書店)『身近な鳥の生活図鑑』(筑摩書房) 『電柱鳥類学: スズメはどこに止まってる? 』 (岩波書店) などがある。