庭園美術館と雅叙園、杉野学園衣裳博物館を訪ねる 大江戸まち探見 

  • 森 治郎(まち探見家)
講師詳細

白金台にある高松藩12万石松平家の下屋敷跡の都立庭園美術館。昭和初期に朝香宮家の邸宅として建てられ、世界的にも有名なアールデコ風の典雅な建物内部や昨年修築された庭を見学します。キスリング展開催中(入場料は全部で1000円程度65歳以上は半額)。その後、700メートルほど歩いて行人坂途中にある五百羅漢で知られる大円寺にお参りし、坂下のレストラン(イタリアン、1000円)で食事します。午後の部は「結婚式の殿堂」目黒雅叙園で豪華な内部を見学し、熊本藩54万石細川家下屋敷跡にある杉野学園の衣裳博物館を訪ね、西洋と日本の貴重な衣装を拝見します。白金、目黒は坂の多いところですが、一番高いところからスタートなので、ほとんどは緩やかな下りです。

お申し込み
日程
2019/5/11
曜日・時間
土曜 10:30~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,030円 一般 5,680円
持ち物など
・歩きやすい服装、靴でお越しください。
・健康保険証、常備薬、カメラ、筆記用具など、必要に応じてお持ちください。
その他
集合:東京メトロ南北線・都営三田線 白金台駅1番出口(地上)に10:30 時間厳守 ◎雨天決行
※講座内にて移動費、入館料が発生した場合は各自でお支払いください。
※受講料には食事代は含まれていません。食事は「イタリアン」予算1000円ほどの予定です。アレルギーのある方は申込時にお知らせください。事前予約のため、開催前日のキャンセル、当日の欠席はご遠慮ください。
◆講座のお取り消し、ご欠席について                      
プロジェクト事業本部へ電話でお申し出ください。℡03-3344-2041 9:30~17:30(日曜・祝日を除く)

講師詳細

森 治郎(モリ ジロウ)
1943年生まれ。早稲田大学政経学部経済学科卒業。朝日新聞社に入社、記者、編集者、メディア政策、メディア 研究部門などを経て2003年4月から早稲田大学客員教授としてメディア研究・教育に携わり、現在同大学総合政策科学研究所招聘研究員など。一方で江戸を対象とした「まち探見家」として執筆、講演、案内活動をし、著書に『大江戸探見』 (一藝社発行)などがある。11年4月から月刊メールマガジン『探見』を発行。