隈研吾設計「日本料理 僖成」和モダン空間で懐石を味わう 東京たてもの探訪

  • 「日本料理 僖成」個室
  • お料理の一例
  • 隈研吾設計の「サニーヒルズ」
  • 倉方 俊輔(大阪市立大学准教授)
講師詳細

東京オリンピック2020のスタジアムをはじめ、今や数多くの建築を手がけている建築家・隈研吾。外苑前は関連の深い場所です。事務所が近辺にあり、梅窓院などの作品が密度高くあるのです。そこからほど近い「日本料理 僖成(きなり)」は、お忍び的な和風料理店。多くのフォロワーを生んだモダンスタイルの懐石料理と、個性的な和風デザインを味わいましょう。空間を満喫した後は、その足跡と個性を、近隣の建築を巡りながら解説します。現在の作風とは程遠いバブル期の作品も、木を活かした建築も、すべてが糧となっています。世界的建築家にこれほど迫れる、東京ならではの特権を生かした講座です。(講師・記)

この講座は終了しました

注意事項

※外苑前駅1b出口が工事中のため、1a出口からお越しください。

日程
2019/12/13
曜日・時間
金曜 12:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 13,860円 一般 14,520円
持ち物など
■集合=外苑前「日本料理 僖成」 12:00 東京メトロ銀座線外苑前駅徒歩1分。◎雨天決行 
歩きやすい服装、靴でご参加ください。必要に応じてカメラ、筆記用具、健康保険証など。
●食事代込み、飲み物代別、交通費は各自負担となります。
※食材アレルギーのある方は、必ず事前(ご予約・お申込の際)にお申し出下さい。
その他
・お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承ります。コンビニ振込の場合は、振込用紙がご到着後、1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時にお申し込み受付が完了となります。
※食事付講座の取消について 受講キャンセル、当日欠席はプロジェクト事業部までお電話でお申し出ください。(平日・土曜9:30~18:30) 12/03まで当社規定、12/04以降全額の取消手数料が発生します。


講師詳細

倉方 俊輔(クラカタ シュンスケ)
建築史家。大阪市立大学大学院工学研究科准教授。1971年東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。博士(工学)。建築の見どころを分かりやすく説き明かすことで定評があり、著書に『神戸・大阪・京都 レトロ建築さんぽ』『東京モダン建築さんぽ』『東京レトロ建築さんぽ』(いずれもエクスナレッジ)、柴崎友香さんとの共著『大阪建築みる・あるく・かたる』甲斐みのりさんとの共著『東京建築みる・あるく・かたる』(いずれも京阪神エルマガジン)、『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)などがある。