アカペラで歌う「花〜すべての人の心に花を」

  • トライトーン (アカペラグループ)
講師詳細

 「アカペラで歌う」シリーズ2021年4-6月期は『花〜すべての人の心に花を』を勉強していきます。沖縄出身の音楽家・喜納昌吉氏によってつくられたこの曲は、日本国内のみならず、世界中の様々なアーティストにもカバーされ、日本を代表するスタンダード曲の一つになっていると思います。トライトーンのオリジナルアレンジで、ゆったりとした8ビートを感じながら、ハーモニーの「花」を大きく咲かせていきましょう。(講師・記)

<講師による模範演奏URL>
https://youtu.be/C5JEUpYVmcE

<演奏のポイント>
3回のレクチャーの中で、特にお伝えしたいポイントです。
◆今回はゆったりとした8ビートのアレンジです。メロディーの流れはもちろん、バッキングの「dooるらる〜」というフレーズやベースにも、川のせせらぎのような8ビートを感じながらハモっていきましょう。
◆歌詞の一言一言に様々な情感を込めながら、大切に歌っていきましょう。
◆いつも「笑顔で」歌っていきましょう!とお伝えしていますが、今回もメロディーや歌詞の言葉に癒されながら、心にハーモニーの「花」を咲かせていきましょう。

お申し込み
日程
2021/4/10, 5/15, 6/12
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,999円 一般 13,299円
設備費(税込)
495円
持ち物など
●使用する楽譜「花〜すべての人の心に花を」は、1月期の最終日(3/13)の18時以降に、10階カウンターでお渡しします。(受講票をご提示ください)


その他
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

トライトーン (トライトーン )
混声ア・カペラグループ。1994年、ビクターから「エトワール~12の星物語」でデビュー。海外からの評価も高く、2001年4月、アメリカのCASA(Contemporary A Cappella Society America)主催、Best Recording Awardsで“アカペラ・マジック・ボックス”が最優秀ジャズアルバムを受賞した。NHK「スタジオパークからこんにちは」や「あなたが選ぶ映画音楽」等にも出演。渋谷パルコ劇場「最悪な人生のためのガイドブック」ミュージカル公演にも出演。2009年クライマックスシリーズ初戦では東京ドームにて国歌斉唱で出演。