「展覧会 岡本太郎」の見どころ
  • オンライン講座

  • 岡本太郎「森の掟」(通常)1950年 川崎市岡本太郎美術館蔵 Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
  • 岡本太郎「太陽の塔」1970年(万博記念公園)Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
  • 岡本太郎氏 Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
  • 藪前 知子(東京都美術館学芸員)
講師詳細

 ある世代以上の方々にとっては、「芸術は爆発だ!」というテレビのなかの流行語とともに記憶に残る岡本太郎。その自由奔放な芸術家本人のキャラクターに注目が集まってきた一方で、彼がどのような作品を残したのか、その全貌を見る機会は限られてきました。東京都美術館で開催される「展覧会 岡本太郎」は、絵画、彫刻、パブリックアートの制作や建築、プロダクト・デザインなど、ジャンルの境界を軽々と飛び越えて、情熱的に表現活動をつづけたこの芸術家の、過去最大規模の回顧展です。展覧会の見どころをお話ししながら、伝統や常識に挑戦し、大衆に向かって発信を続けた彼の生涯と作品を辿ります。 (講師・記)

〈展覧会情報〉
展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective
2022年10月18日(火)~12月28日(水) 東京都美術館
https://taro2022.jp/

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/11/10
曜日・時間
木曜 19:00~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,750円

講師詳細

藪前 知子(ヤブマエ トモコ)
2004年から2022年まで東京都現代美術館学芸員として、主に以下の展覧会を企画担当。「大竹伸朗 全景 1955-2006」(2006)、「山口小夜子 未来を着る人」(2015)、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(2015)、「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」(2020)、「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する](2021)(以上、東京都現代美術館)。キュレーションの他に、雑誌等に日本の近現代美術についての寄稿多数。