皮膚をよくする漢方養生

  • 劉 梅(中医師)
講師詳細

皮膚の悩みはどなたでも経験したことがあると思います。子供の時には汗疹(あせも)、いわゆる思春期にはニキビなどの吹き出物、また年齢とともに皮膚が乾燥しやすくなり、高齢になると老人性皮膚掻痒症に悩まされる方も増えます。最近ではアレルギー性の皮膚炎や湿疹に悩まされる方も多くいらっしゃいます。
 皮膚は表面に出ているだけに気になるものですし、一時的なら我慢できても、長く続くと日常生活まで憂鬱になります。
  漢方にはこうした皮膚の悩みを緩和する働きがあります。皮膚トラブルの改善に効果のある漢方薬、食事、暮らし方の改善など、皮膚を快適にするための漢方の養生でつらさを和らげましょう。(講師記)

この講座は終了しました

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10講座の受付開始!新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/9/10
曜日・時間
火曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円

講師詳細

劉 梅(リュウ メイ)
中国黒龍省生まれ 黒龍江医薬大学卒業後、ハルピン医科大学付属二院に内科医として臨床を経験。1994年に来日。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年薬日本堂に入社。2019年まで薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加。TV・雑誌でも活躍。薬膳の知識が活かされた著書『薬膳 漢方の食材帳』、『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』。