小説を書いてみよう

  • 清原 康正(文芸評論家)
講師詳細

小説の素材は身の回りにいっぱい転がっているものです。自分のこと、他人のこと、世の中の大小の事件やもっとささやかな出来事などに対して、ちょっとした好奇心と観察力があれば、そこから物語を紡ぎ出す、つまり、小説を書くことができるのです。この教室では、400字10枚までの提出作品をもとに、その作品の執筆意図や構想を面談形式で明らかにしていくことで、全体の構想やストーリー展開などについて個別に講評とアドバイスをしていきます。ひとりよがりの観念的なものではなく、現代性と物語性があれば、作品のジャンルは問いません。長編の冒頭部やさわりの部分の10枚でも可。初心者歓迎。(講師・記)


作品提出にあたっては、下記の要項を厳守してください
なお、提出していただいた作品はご返却しておりませんので、恐れ入りますが、お手元にコピーをお残しください。

■規定枚数  厳守 
・ 4000字以内(400字詰原稿用紙換算10枚)
ワード原稿は縦書き20字×40行で印字。
ワード原稿5枚を1本として、1期3本まで提出可。
(ワード原稿5枚=4000字の計算になります)
400字詰原稿用紙への印字は不可とします。
規定以外の原稿は授業で取り上げません。
・ 枚数オーバーの作品に関しては、規定枚数のみ講評いたします。
・ ワード原稿5枚を超える場合は、5枚ずつ3回に分けて①②③として(たとえば15枚の作品)提出してください。その場合は、400字で作品全体の梗概(あらすじ)を必ず付記してください。
・ タイトルと筆者名を明記してください。「無題」というタイトルは不可。タイトルの重要性を認識する上からも、タイトルは必ず付けてください。筆者名はペンネームでも可。タイトルと筆者名に要する行数は規定枚数外とします。

■提出期限
・ 作品提出は随時。最終〆切りは教室でご案内します。

■作品ジャンル
・ ノンフィクション、児童文学、童話などは不可。これ以外の小説であれば、ジャンルは自由です。

■原稿の書式
・ ノンブル(ページ番号)をつけてください。
・ 人名、地名、特殊な専門用語や役職名などには、必ずルビを振ってください。

■教材の配布について
・ 教室でお渡しします。



【作品提出の方法】
講義の際に持参し、教室内の作品提出袋へお入れください。

郵送の場合の宛先は
〒163-0210
新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル 私書箱22号
朝日カルチャーセンター新宿教室 講座部 「小説を書いてみよう」係宛

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座は、開講当日の窓口申し込みを承っておりません。WEBサイトでお手続きいただくか、開講一週間前までにお電話にてご予約のうえ、コンビニエンスストアでのご入金をお願いいたします。

日程
2019/4/7, 4/21, 5/19, 6/2, 6/16, 6/30
曜日・時間
第1・3 日曜 12:30~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,736円 
教材費(税込)
教材費 1,296円
その他
4/21は11階23号教室です。階が変わりますのでご注意ください。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
・作品提出については初回の授業でご案内致します。
・日程が変則ですので、ご注意ください。

講師詳細

清原 康正(キヨハラ ヤスマサ)
1945年旧満州・鞍山生まれ。同志社大学大学院修士課程文学研究科中退。出版社勤務を経て文筆業に。日本ペンクラブ理事、日本文芸家協会編纂委員、県立神奈川近代文学館専務理事、日中文化交流協会会員。1993年『中山義秀の生涯』で第7回大衆文学研究賞を受賞。著書に『山本周五郎のことば』 『歴史小説の人生ノート』『小説を書きたい人の本』(成美堂出版)など。共著に『新・文章スタイル読本』『かながわの文学100選』『昭和文学の風景』など。編著に『ふるさと文学館・神奈川』全2巻、『史談の広場』全8巻、『歴史小説名作館』全12巻など。