西洋音楽史への招待  バロック音楽入門

  • 秋岡 陽(フェリス女学院大学長)
講師詳細

期ごとに「読み切り」の音楽史講座。知りたい時代(各時代3回)を選択受講できます。今期は17・18世紀のうち、とくに「バロック」とよばれた時代を考えます。オペラの誕生、ヴェルサイユの音楽、バッハ・ヘンデルの時代の音楽史を整理。この時代の音楽をより良く聴く準備をします。

(1)1月6日:ルネサンスからバロックへ;オペラの誕生
(2)2月17日:ヴェルサイユの音楽;ナポリ楽派オペラの流行
(3)3月2日:後期バロック:バッハ、ヘンデルの時代(講師・記)







この講座は終了しました
日程
2020/1/6, 2/17, 3/2
曜日・時間
月曜 10:00~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,880円

講師詳細

秋岡 陽(アキオカ ヨウ)
1954年生れ。国際基督教大学卒業、シカゴ大学大学院修了。フェリス女学院大学音楽学部教授を経て、2012年から同大学長。専門は音楽学(キリスト教音楽史・賛美歌学)。著書に『自分の歌をさがす:西洋の音楽と日本の歌』(フェリスブックス)、共訳に『20世紀の音楽』(東海大学出版会)、共編著に『礼拝・礼拝学事典』(日本キリスト教団出版局)など。『礼拝と音楽』編集委員。キリスト教音楽・賛美歌学に関する著作多数。