柴又帝釈天から矢切の渡しへ  大江戸まち探見

  • 森 治郎(まち探見家)
講師詳細

だれでも知っている柴又帝釈天と寅さん、そしてだれでも聴いたり歌ったりしているあの渡し。しかし隅田川から西に住む人には結構遠く感じられるところですね。お彼岸で混雑する前、そして川面を舟で渡るのがまだ心地よく感じられる頃、訪ねてみましょう。寅さんとさくらの像がある柴又駅から参道を歩いて帝釈天へ。参道沿いにある老舗「亀家本舗」で昼食(2000円)の後、寅さん記念館へ。渥美清が亡くなって23年ですが、ここでは寅さんとともに健在です。映画の各シーンや記念の品で「あの時代」を思い出しましょう。道を隔てた場所にある山田洋次ミュージアム、大正末期から昭和初期のたたずまいを残す山本亭も訪れます。その後、矢切の渡し往復の予定ですが、お天気次第では江戸川の対岸から眺めるだけにします。




この講座は終了しました
日程
2019/9/14
曜日・時間
土曜 11:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,030円 一般 5,680円
その他
集合:京成線柴又駅改札口に午前11:00集合  ◎雨天決行
※講座内にて移動費、入館料が発生した場合は各自でお支払いください。
※受講料には食事代は含まれていません。食事は「亀家本舗」を予定しています。予算2000円ほどです。アレルギーのある方は申込時にお知らせください。
◆お申込は、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承ります。コンビニ振込の場合は振込用紙がご到着後1週間以内にお支払いをお済ませください。ご入金と同時にお申込受付が完了となります。
◆講座のお取り消し、ご欠席について
プロジェクト事業本部へ電話でお申し出ください。℡03-3344-2041 9:30~17:30(日曜・祝日を除く)
・歩きやすい服装、靴でお越しください。・健康保険証、常備薬、カメラ、筆記用具など、必要に応じてお持ちください。

講師詳細

森 治郎(モリ ジロウ)
1943年生まれ。早稲田大学政経学部経済学科卒業。朝日新聞社に入社、記者、編集者、メディア政策、メディア 研究部門などを経て2003年4月から早稲田大学客員教授としてメディア研究・教育に携わり、現在同大学総合政策科学研究所招聘研究員など。一方で江戸を対象とした「まち探見家」として執筆、講演、案内活動をし、著書に『大江戸探見』 (一藝社発行)などがある。11年4月から月刊メールマガジン『探見』を発行。