• トライアル可

プルースト「失われた時を求めて」 の読み解き方

  • 菅沼 潤(慶応義塾大学講師)
講師詳細

 プルーストの大作「失われた時を求めて」は無意識的記憶による文学創造の試みです。彼の時間と記憶をめぐる思想を、有名なマドレーヌの挿話や「不眠の夜」の場面から読み解きます。また、コンブレーの散歩の場面を読みながら、プルーストの文学創造の秘密を考えます。あわせて、作家の人生、作品の成り立ち、時代背景についてもわかりやすく解説します。
フランス語のわからない方でも参加できますが、一部原文と和訳の比較解説も行う予定です。

菅沼先生の講座は下記講座もあります。
・プルースト原典講読「失われた時を求めて」 月曜15:30-17:00
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/1ec676b4-16bc-bd71-a818-5c8ef1ae3d3b

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/1/15, 2/5, 2/19, 3/4, 3/18
曜日・時間
水曜 13:30~15:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 18,700円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

菅沼 潤(スガヌマ ジュン)
京都大学文学部卒。慶應義塾大学文学部修士課程修了。パリ第四大学に留学。翻訳書に、ル=ゴフ『ヨーロッパは中世に誕生したのか?』(2014年、藤原書店)、『時代区分は本当に必要か?』(2016年、藤原書店)など。