アニメを読む
  • 教室開催

  • 藤津 亮太(アニメ評論家)
  • 瀬下 寛之
講師詳細

 アニメを見るもっとも表層的な方法は、言葉に頼ってストーリーを追いかけることです。けれどもいくつか作品を見ればすぐにわかる通り、ストーリーとは言葉だけによるものではなく、映像とそれをコントロールする演出において、より雄弁に物語られているものです。アニメが制作された背景を解説しつつ、ストーリーがどのような映像として語られているかを詳細に追うことで、それぞれの作品をより深く味わうだけでなく、「アニメの見方」を更新する講座を目指します。 (講師・記)

10月 『岬のマヨイガ』&『フラ・フラダンス』
震災後を描いたアニメ映画2作のそれぞれのアプローチを考えます。
11月 瀬下寛之監督の人生を変えた作品
『シドニアの騎士』『亜人』『BLAM!』『GODZILLA』などを手掛けた瀬下監督
が影響を受けた作品を聞きます。 
12月 『アイの歌声を聴かせて』

※各回のお申込みも可能です。
10月のみはコチラ⇒https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/b75106cd-f875-2bf5-ae91-630336ac8f53
11月のみはコチラ⇒https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/95c50997-0b10-e7e9-1aa4-6303377e2244
12月のみはコチラ⇒https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/8bac3b10-971f-4e21-9c6d-630337874747

中途受講はできません

お申し込み
日程
2022/10/15, 11/19, 12/17
曜日・時間
第3 土曜 18:00~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円

講師詳細

藤津 亮太(フジツ リョウタ)
1968年生まれ。静岡県出身。アニメ評論家。雑誌・WEB・DVDブックレットなど各種媒体で執筆中。著書に『「アニメ評論家」宣言』、『チャンネルはいつもアニメ』、『声優語』、『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』がある。毎月第一金曜日はニコニコでアニメに詳しくなれる番組『アニメの門チャンネル』(http://ch.nicovideo.jp/animenomon)を配信中。
HP http://blog.livedoor.jp/personap21/  twitter ID fujitsuryota
★朝日カルチャー講座関連ハッシュタグは #aniyomu
瀬下 寛之(セシタ ヒロユキ)
1967年生まれ。1989年リンクス入社。映画『河童』など様々な分野のCG/VFX制作でCGディレクター/デザイナーとして従事。97年渡米、スクウェアUSA の映画『ファイナルファンタジー』(01 年)にてアートディレクター。帰国後はカシオエンターテイメントで、松本人志監督作品『大日本人』(07 年)、『しんぼる』(09 年)にてVFX 監督を手掛けた。2010年、ポリゴン・ピクチュアズ入社。主な総監督・監督作に『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『亜人』、『BLAME!』、『GODZILLA』、『Levius』などがある。