西洋中世史 ロマネスク的世界の成長

  • サン・ジュリアン教会、ブリウド(フランス)
  • 藤崎 衛(上智大学准教授)
講師詳細

 日本人、東洋人にとって他者であるからこそ特別な魅力を放ち続ける西洋――。西洋の社会と文化を歴史的な観点から見つめ直すことは、分裂と統合を繰り返してきたヨーロッパを理解するうえで不可欠です。このヨーロッパというまとまりが初めて誕生した西洋中世の歴史を、政治・経済・文化・芸術など多角的なアプローチで読み解きます。当時の記録を多数紹介し、中世人の声に耳を傾けることができるのも特徴です。(講師・記)  

第1回 6月16日 巡礼―使徒的生活を求めて
第2回 6月30日 ロマネスクの時代    ※この回のみ13:30~15:00
第3回 7月21日 シトー会の創建と発展
                                   



                             

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

●●コロナウイルス対応による臨時休業の為、5/19は休講です。補講は7/21の予定です。(4/25更新)
●コロナウイルス対応による臨時休業の為、4/21は休講、補講は6/30の13:30~15:00に行います。6/30のみ午後の時間帯に変わりますのでご注意ください。 (4/3付)

日程
2020/6/16, 6/30, 7/21
曜日・時間
第3 火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

藤崎 衛(フジサキ マモル)
1975年生まれ。ローザンヌ大学、ローマ大学などに留学し、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学助教・茨城大学准教授を経て、現在、上智大学文学部准教授。専門は西洋中世の文化史・宗教史。著書に『中世教皇庁の成立と展開』(八坂書房、地中海学会ヘレンド賞)、『ヴァチカン物語』(塩野七生などとの共著、新潮社)、『名著で読む世界史』(共著、山川出版社)。訳書にバラクロウ『中世教皇史』(八坂書房)、M・ケルナー他『女教皇ヨハンナ』(三元社)。