ポーランドのコレンダ・クリスマスキャロル

  • M・ ドゥトカ(語学講師)
講師詳細

 ショパンの曲を学習する時、外国のピアニストは必ずつまずくスケルツォがあります。ポーランドのクリスマス聖歌、コレンダの旋律がそこに盛りこまれているからです。
 14世紀以降、ポーランドでは次々と独特の聖歌コレンダが作曲され、その数は500とも700ともといわれている。ポロネーズのリズムで歌われるもの、子守り歌、喜びに満ちたメロディなど、種類も様々で、古典的なものはポーランドの誰しも歌えます。
 講座では、コレンダの歴史と現在を紹介し、ショパンの心に深く刻まれた曲も含めてお聞かせし、解説します。今までとは違う、本場のクリスマスの雰囲気を味わっていただければと思います。(講師・記)

お申し込み

注意事項

【クリスマス割キャンペーン対象講座です】
お得な講座はこちらからお申し込みくださいhttps://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/2020christmas

日程
2020/12/19
曜日・時間
土曜 11:45~13:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
持ち物など
・当日は、受講券をお持ちください。
テキストはプリント教材を使用します。
プリント教材代はコピー代実費をいただくことがあります。受講料には含まれておりません。
(※恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

M・ ドゥトカ(Dutka Malgorzata)
マウゴジャータ・ドゥトカ氏(Matgorzata Dutka)。ポーランド出身。ワルシャワ大学新言語学部日本語学科卒業。岡山大学で文学修士取得。大阪大学文学研究科博士課程単位取得退学。日本在住30年以上。ポーランド語やポーランド文化についての講師、翻訳の仕事に従事。