ユングと現代のスピリチュアリティ

  • 堀江 宗正(東京大学准教授)
  • 鏡 リュウジ(心理占星学研究家)
講師詳細

  「スピリチュアル」という言葉は、昨今では実に幅広いかたちで用いられています。僕のやっている「占星術」もまた「スピリチュアル」の潮流の一つとして受け止められています。
 しかし、現代のポップカルチャー、サブカルチャーの中で「スピリチュアル」(そして「スピリチュアリティ)が何を意味し、そしてどのような意味をもっているのかが論じられることはあまりありません。
 今回は、このジャンルを学問的に調査研究しておられる堀江宗正先生をお迎えし、いろいろお話を伺おうと思います。そして現代のスピリチュアリティに大きな影響を与えたユング、また占星術との関係についてもお話してみたいと思っています。  (鏡講師・記)

★「占星術とユング心理学」(原書房)出版記念講座です。
 http://www.harashobo.co.jp/book/b488278.html

お申し込み

注意事項

■新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み4月1日から下旬の全講座を休講いたします。本講座の補講日は決まり次第お知らせいたします。(※1月1日はダミー日程です。)

日程
2021/1/1
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円

講師詳細

堀江 宗正(ホリエ ノリチカ)
専門は、宗教学、宗教心理学、死生学、スピリチュアリティ研究など。著書に『歴史のなかの宗教心理学』(博士論文)、『スピリチュアリティのゆくえ』、『ポップ・スピリチュアリティ』。訳書にチャレット『ユングとスピリチュアリズム』、フロム『よりよく生きるということ』、フロム『聴くということ』、ウォルター『いま死の意味とは』。ツイッターではサブカルから現代政治まで幅広く発言している(@NorichikaHorie)。
鏡 リュウジ(カガミ リュウジ)
占星術研究家、翻訳家。占星術やユング心理学、秘教などをテーマに幅広くメディアで活躍。主な著書に『占星術の文化誌』(原書房)『占星綺想』(青土社)『タロットの秘密』(講談社現代新書)『実践タロットリーディング』(朝日新聞出版)、訳書に『宝石と鉱物の文化誌』(原書房)、『ユングと占星術』(青土社)、『世界史と西洋占星術』(柏書房)ほか多数。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授、京都文教大学客員教授。オフィシャル・サイト:http://ryuji.tv/