新井光風塾 臨書を楽しむための講義と実技

  • 新井 光風(日展理事)
講師詳細

 書を学ぶ上で最も基本的な学習法である「臨書」(古典を学ぶ)を楽しむための講座です。これまで中国2,000年ほど前の古代文字を取り上げてきましたが、今回も引き続き当時の人の鼓動が伝わる漢代の肉筆(木、竹簡に書かれた日常の筆写体)隷書および関連の文字を取り上げます。同時に、臨書を中心に実技を通して文字変遷の実体を興味深く楽しむことが出来ます。
臨書学習が初めての方でも理解できるように、映像を交えながら書法、文字についての特色をより具体的にわかりやすく解説します。(講師・記)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2019/9/22
曜日・時間
日曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,400円 一般 6,048円
持ち物など
●筆記用具・筆・半紙・墨(墨汁)・下敷きをご持参ください。
●文鎮・硯はお貸し出しいたします。
●お手本と資料は当日教室で配布いたします。
その他
前半講義、後半実技です。途中休憩がございます。
ご予約の方は9月10日頃までにお手続きをお済ませください。

講師詳細

新井 光風(アライ コウフウ)
1937年東京生まれ。西川寧氏に師事。日展理事。大東文化大学名誉教授。謙慎書道会顧問。全日本書道連盟顧問。東京都美術館運営委員。現代書道二十人展メンバー。日本芸術院賞・恩賜賞受賞。