歌舞伎鑑賞案内

  • 児玉 竜一(早稲田大学教授)
講師詳細

 いま上演されている歌舞伎のみどころを紹介します。来月、次の月に上演される各座のラインナップから、注目すべき配役、珍しい作品など、楽しむ視角を多面的に解説します。また、あわせて今月、その月に上演されている各座のラインナップからお勧めの舞台を、役者の芸歴や作品の上演史などから検討して、解説します。(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/15, 10/29, 11/26, 12/17
曜日・時間
火曜 15:30~17:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,200円 
その他
●10/15、10/29、12/17は①号教室、11/26は⑱号室で行ないます。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

児玉 竜一(コダマ リュウイチ)
早稲田大学および同大学院卒業。専門は歌舞伎研究と評論。独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所芸能部に勤務、日本女子大学准教授を経て現職。早稲田大学演劇博物館副館長として、展示などに携わる。歌舞伎学会会長。雑誌『演劇界』『歌舞伎 研究と批評』および朝日新聞に歌舞伎劇評を執筆。編著に、『能楽・文楽・歌舞伎』(教育芸術社)、図録『中村歌右衛門展』(早稲田大学演劇博物館)ほか。共編著に、『カブキハンドブック』(新書館)、図録『よみがえる帝国劇場展』(早稲田大学演劇博物館)、『最新版歌舞伎大事典』(柏書房)、『歌舞伎登場人物事典』(白水社)などがある。