天満宮の秘密

  • 島田 裕巳(宗教学者)
講師詳細

 令和に改元され、にわかに太宰府天満宮が注目を集めている。令和の典拠は、太宰府の長官だった大伴旅人が開いた「梅花の宴」に求められる。天満宮は梅と密接な関係を持つ。いったいそこにはどんな秘密があるのか。天満宮の創設に結びつく菅原道真の生涯と数々の祟りを追うことで、それを解き明かしていきたい。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2019/12/4
曜日・時間
水曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
受講券をご持参ください
その他
※教室は変更になる場合があります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

島田 裕巳(シマダ ヒロミ)
1953年東京都生まれ。宗教学者、作家、東京女子大学非常勤講師。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。著書に、『戦後日本の宗教史』『八紘一宇』『葬式は、要らない』『靖国神社』『創価学会』『死に方の思想』『日本の10大新宗教』『神道はなぜ教えがないのか』『戦後日本の宗教史: 天皇制・祖先崇拝・新宗教』『「日本人の神」入門』ほか多数。