裸婦の女性を描く デッサンの基本から

  • 背景イメージ画像
  • 吉川 新(画家)
講師詳細

人物を描く基本となるプロポーションを大切に、裸婦のモデルを描きながら人物の表現方法を学びます。基礎的な描写法から自由な表現までレベルに合わせ、背景の取り込み方も指導し、2回で仕上げます。人物を描く機会を求めている方はもちろん、人物画の初心者の方にもおすすめです。
◆こちらの講座は「人物を描く」のクラスと一緒に行います。


 

この講座は終了しました
日程
2019/10/9, 10/23
曜日・時間
第2週・第4週 水曜 13:30~16:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,220円
持ち物など
<教室案内>作品預かりの棚・水場は教室の外にあります。
画用紙B2 (木炭紙大画用紙)、鉛筆(2H~2B)、練り消しゴムなどデッサンの道具。 水彩絵の具、パステルなどお好きな画材をお持ちください。※油絵の具は使用できません。
◆こちらの講座は「人物を描く」のクラスと一緒に行います。

講師詳細

吉川 新(キッカワ アラタ)
1947年東京生まれ。東京芸術大学日本画科。1982年10月から03年3月まで当センター日本画・金曜クラスの講師として指導にあたる。2001年10月から「人物を描く」講座も指導、今日に至る。