【教室受講】フィルムがとらえたビートルズの真実  オンライン講座
  • 教室開催

  • ピーター・ バラカン(ブロードキャスター)
講師詳細

1962年にデビューし、瞬く間に世界を席巻したビートルズ。ビートルズの曲を聞くと今でも胸が熱くなるという方も多いでのはないでしょうか。
2021年秋、ピーター・ジャクソン監督のドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ Get Back」が全世界で公開されます。
1969年1月のゲットバック・セッションや、最後のライブパフォーマンスとなるルーフトップ・コンサートを含むこの映画は、解散間近の4人の関係性をとらえています。
ジャクソン監督が「彼らが壮絶なプレッシャーのもと、名曲の数々をいかにして創り上げていったかが、詳細かつ鮮明に描かれています」と語る映画「ザ・ビートルズ Get Back」をもとに、ビートルズについて幅広くピーター・バラカンさんに語っていただきます。


お申し込み

注意事項

☆オンライン受講用の申し込みページは下記からどうぞ。
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ac7a8527-551d-1bfd-41d9-616d033b4289

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.comまでお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/12/17
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 4,433円
設備費(税込)
165円

講師詳細

ピーター・ バラカン(Peter Barakan)
ブロードキャスター。1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業。 '74年に来日。著作権関系の仕事を経て、放送界に進出。以来、独自の選曲によるポピュラー・ミユージックの紹介者として活動。FM放送を中心に、数本のレギュラー番組を通して活躍が続いている。NHK「Japanology Plus」では日本の多様な側面を海外に紹介している。主な著書に『ピーター・バラカン式英語発音ルール』(駒草出版)、『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)などがある。