文庫でよむ近代日本の思想

  • 苅部 直(東京大学教授)
講師詳細

 近代の日本人は、秩序と人間をめぐってどう考えてきたのか。政治・経済・社会をどのように論じてきたのか。そのことを知ることのできる思想史の古典が、いまは文庫本でいくつも読むことができます。一緒に読み、議論しながら、さまざまな問題について考えましょう。6・7月は福沢諭吉『学問のすゝめ』(伊藤正雄校注、講談社学術文庫)、9月は同『文明論之概略』(松沢弘陽校注、岩波文庫)をテクストに使います。 (講師・記/20年4月開講。1年・全12講予定。)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

6月より講座を再開します。日程を御確認ください。再開再開にあたり、マスク着用、座席の配置など感染予防策を講じてまいります。お客様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。(5/20更新)

日程
2020/6/25, 7/30, 9/24
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
持ち物など
・テキストとして福沢諭吉『学問のすゝめ』(伊藤正雄校注、講談社学術文庫)、福沢諭吉『文明論之概略』(松沢弘陽校注、岩波文庫)を取り上げます。各自書店にてお求めください。
https://www.iwanami.co.jp/book/b246002.html
https://www.iwanami.co.jp/book/b246000.html
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

苅部 直(カルベ タダシ)
1965年東京生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授。専門は日本政治思想史。著書に『丸山眞男―リベラリストの肖像』(岩波書店、2006年、サントリー学芸賞受賞)、『歴史という皮膚』(岩波書店、2011年)、『安部公房の都市』(講談社、2012年)、『「維新革命」への道』(新潮社、2017年)などがある。