オーケストラ大好き ウィーン名曲三昧

  • 奥田 佳道(音楽評論家)
講師詳細

 オペラに交響曲、バレエ音楽など百花繚乱のオーケストラの世界。この講座では、オーケストラと楽器、演奏家について、また時々楽譜に焦点をあてながら楽しく解説します。歴史的背景や驚きのエピソードを知ることで、名曲の味わいはさらに増すことでしょう。(講師・記)

〈スケジュール〉
第1回 モーツァルトのピアノ協奏曲第27番K.595
創作から3年後の1791年春にヤーンの館で初演。それはモーツァルトが公の場で鍵盤を弾いた最後の機会となった。
第2回 ベートーヴェンの交響曲第7番と「ウェリントンの勝利」
1813年暮れ、ウィーン大学旧講堂は興奮の坩堝!? ウィーン音楽界が総力を挙げたチャリティ・コンサートに迫る。
第3回 英ロイヤル・オペラ来日公演「ファウスト」に寄せて
9月に音楽監督アントニオ・パッパーノの指揮で上演されるグノーの傑作「ファウスト」の魅力、聴きどころを。 ※この回のみのお申込みも可能です。
第4回 ブラームスの交響曲第3番ヘ長調
1883年暮れ、ハンス・リヒター指揮ウィーン・フィル定期公演で初演。長調と短調を揺れ動く傑作をあらためて。
第5回 マーラーの交響曲第2番「復活」
初演は1895年のベルリン。1907年11月、マーラーはウィーンに別れを告げる楽友協会での公演で「復活」を指揮。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/7/18, 8/1, 9/5, 9/19, 9/26
曜日・時間
第1・3・5週 木曜 13:00~14:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,200円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

奥田 佳道(オクダ ヨシミチ)
1962年東京生れ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻、ウィーンに留学。共・著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「おもしろバイオリン事典」(ヤマハミュージックメディア)、「オペラガイド130選」(成美堂出版)ほか。
1993年からNHKの音楽番組に出演中。また日本テレビ「深夜の音楽会(現:読響シンフォニックライブ)」、WOWOW、クラシカ・ジャパン、TOKYO FMなどに出演。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師を務めた。2008年から2015年まで毎年NHK音楽祭のプレトークを行なった。2012年4月からNHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」のパーソナリティのひとり。NHK Eテレ「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2014、2017」に解説で出演。同コンサートの解説は1997年から毎年FMなどで行なっている。ラジオ深夜便「クラシックの遺伝子」(聞き手:森田美由紀)に出演中。