犯罪心理学で読み解くテッド・バンディの真実 映画「テッド・バンディ」公開記念講座

  • 越智 啓太(法政大学教授)
講師詳細

 これまで、犯罪史上多くの連続殺人犯が存在しましたが、その中で最も有名であり最も恐ろしい殺人者が、テッド・バンディです。70年代のアメリカで、30人以上の女性を惨殺し3度の死刑宣告を受けましたが、最期まで無罪を主張しました。
 本講座では、テッド・バンディの事件を紐解くと同時に、IQ160もの明晰な頭脳を持つ男がなぜ犯罪に手を染めることになったのか、犯罪心理学から読み解いていきます。
 12/20からはテッド・バンディを題材にした映画も公開。知識が深まり、さらにお楽しみいただけるはずです。

★映画「テッド・バンディ」公開記念講座です。


映画「テッド・バンディ」主演:ザック・エフロン
2019年12月20日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
公式サイト: http://www.phantom-film.com/tedbundy/

お申し込み
日程
2019/12/6
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

越智 啓太(オチ ケイタ)
1965年横浜市生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程修了。警視庁科学捜査研究所研究員として勤務ののち、東京家政大学文学部助教授を経て、法政大学文学部心理学科教授。臨床心理士。犯罪捜査、防犯への心理学の応用を研究のテーマとしている。主な著書に「犯罪捜査の心理学」(化学同人)、「自伝的記憶の心理学」(北大路書房、共著)、「朝倉心理学講座18 犯罪心理学」(朝倉書店、編著)など。