南方熊楠の夢と現 没後80年 オンライン講座

  • 鏡リュウジさん
  • 小田龍哉さん
  • 唐澤太輔さん
  • 鏡 リュウジ(心理占星学研究家)
  • 小田 龍哉(同志社大学非常勤講師)
  • 唐沢 太輔(秋田公立美術大学准教授)
全ての講師
講師詳細

 南方熊楠とはいったい何者だったのでしょうか。
 20以上の言語を操り、百科事典を丸ごと暗記。虚実さまざまな伝説に彩られた人物でもあります。博物学、民俗学、生物学、植物学(特に菌類)、宗教学など多様なジャンルで先駆的な研究をし、人と自然のかかわりを鋭く見つめました。
  没後80年の今年、森羅万象を独自の視点で探求した熊楠の思考を、「夢と現」という視点でとらえなおします。

〈タイムテーブル〉※延長する可能性がございます。予めご了承ください。
1.「南方熊楠 夢に導かれたその人生 森・粘菌・やりあて」 講師:唐澤太輔さん 60分
 熊楠は、〈夢〉を「生と死、この世とあの世の中間だ」とも言っています。
 彼の籠った那智の「森」は、まさにあの世とこの世の中間ともされます。また彼の研究した「粘菌」もどこからが生でどこからが死と割り切ることのできない中間的な生物です。つまり、「森」も「粘菌」も、深層部分で〈夢〉の構造と密接に関わるものなのです。
 そのような中間的構造内で「やりあて」がどのように発動するのか。彼の生涯を概観し、考察します。

2.「南方熊楠  現と対決したその人生 学問・社会・柳田國男」 講師:小田 龍哉さん 60分
  「日本民俗学」誕生のはざまで火花を散らし合った南方熊楠と柳田國男。両者のタブー論を比較しながら、それぞれにとっての「あの世」や「聖なるもの」との距離感の違いを考えます。
 柳田の学問が日本社会の行く末を展望しようとする壮大な体系だったのに対し、熊楠の学問はまさに彼が生きるための技術として、人生の悪戦苦闘のなかで案出されたものでした。

‐休憩(10分) ‐
3.鼎談「見えないもの」と熊楠の距離をめぐって 講師:唐澤さん、小田さん、鏡リュウジさん 50分


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/8/7
曜日・時間
土曜 18:00~21:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,500円 一般 6,050円
その他
パンフレットに記載のない緊急講座です。

講師詳細

鏡 リュウジ(カガミ リュウジ)
占星術研究家、翻訳家。占星術やユング心理学、秘教などをテーマに幅広くメディアで活躍。主な著書に『占星術の文化誌』(原書房)『占星綺想』(青土社)『タロットの秘密』(講談社現代新書)『実践タロットリーディング』(朝日新聞出版)、訳書に『宝石と鉱物の文化誌』(原書房)、『ユングと占星術』(青土社)、『世界史と西洋占星術』(柏書房)ほか多数。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授、京都文教大学客員教授。オフィシャル・サイト:http://ryuji.tv/
小田 龍哉(オダ リョウスケ)
1973年生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文化史学)。思想史・文化史。著書に『ニニフニ──南方熊楠と土宜法龍の複数論理思考』(左右社)。
唐沢 太輔(カラサワ タイスケ)
1978年、兵庫県神戸市生まれ。2002年3月、慶応義塾大学文学部卒業。2012年7月、早稲田大学大学院社会科学研究科 博士後期課程修了(博士〔学術〕)。第1回南方熊楠研究奨励事業助成研究者。日本学術振興会特別研究員(DC-2〔哲学・倫理学〕)、早稲田大学社会科学総合学術院 助手、助教などを経て、現在、秋田公立美術大学美術学部アーツ&ルーツ専攻ならびに大学院複合芸術研究科准教授。専門は、哲学、文化人類学。特に、人類が築き上げてきた民俗・宗教・文化の根源的な「在り方」の探求を、知の巨人・南方熊楠(1867~1941年)の思想を通じて行っている。2019年、第13回湯浅泰雄著作賞受賞。