神仏習合の歴史と文化 比叡山延暦寺と日枝山王権現

  • 大宰府天満宮
  • 加藤 みち子(武蔵野大学特任教授)
講師詳細

 本講座は、神仏習合の歴史的展開とその魅力を、歴史史料を紐解きながら丁寧にご紹介する講座です。今回は江戸三大祭の一つ「山王祭」で知られる、「山王権現」にフォーカスを宛ててみていきます。 山王権現は、京都の鎮守、江戸の鎮守として、我が国では古来、大変重要な神さまですが、 その始まりで、比叡山延暦寺とゆかりが深く、神仏習合の神道理論まで展開した神でもあります。 そこで、山王権現の祭礼と、山王神道の成立と発展を中心に、神仏習合についてご紹介していきます。 (講師・記/1年・全12講予定。2019年4月開講)

<スケジュール>比叡山延暦寺と日枝山王権現
 ①日本三大祭の一つ「山王祭」の祭神・日枝山王権現
 ②山王七社・二十一社の発展と「山王神道」
 ③山王権現の祭礼の盛況と特色

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。質疑応答を柔軟に行うため、受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の4日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の3日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

<講座全体の予定> ※変更の可能性がございます。予めご了承ください。
【春学期】八幡大菩薩の誕生―神仏習合の成立と展開
 ①神仏習合とは
 ②八幡神と東大寺大仏建立
 ③『南無八幡大菩薩!』―武士の守護神としての発展

【夏学期】御霊信仰と天満宮―天神様にみる神仏習合
 ①学問の神様・天神様―菅原道真が祀られる理由
 ②御霊信仰とその展開
 ③天神信仰への仏教の影響

【秋学期】熊野古道の信仰―熊野権現にみる神仏習合
 ①文化遺産・熊野古道と『蟻の熊野もうで』
 ②熊野権現とはどんな神様か?
 ③熊野信仰にみる神仏習合

【冬学期】比叡山延暦寺と日枝山王権現
 ①日本三大祭の一つ「山王祭」の祭神・日枝山王権現
 ②山王七社・二十一社の発展と「山王神道」
 ③山王権現の祭礼の盛況と特色

この講座は終了しました

注意事項

・新型コロナウイルスの影響を鑑み、本講座(3月3日休講→6月16日補講)はZoomを使用したオンライン講座として行います。なお4月から予定していた春学期講座はいったん中止し、10月以降に教室で再開予定です。(5月26日更新)
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2020/1/7, 2/4, 6/16
曜日・時間
第1 火曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,880円

講師詳細

加藤 みち子(カトウ ミチコ)
1967年千葉県生まれ。学習院大学大学院博士後期課程修了。博士(哲学)。中村元東方研究所主任研究員、武蔵野大学仏教文化研究所特任教授。専門は日本思想史・宗教文化史。著書に『「かみ」は出会って発展する―神道ではない日本の「かみ」史・古代中世編』(北樹出版)、『絵から読み解く日本仏教』(山喜房仏書林)、『鈴木正三著作集1.2』(中公クラシックス)など。