社会・統治の歴史と思想 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 堀内 進之介(政治社会学者)
講師詳細

 「社会」として経験しうるものや、それとして観念されてきたものが、かつてとは大きく異なるという声や、あるいは「社会」そのものが成り立たなくなってきたという声も聞かれる。そこで、このシリーズでは、改めて「社会」について考えてみたい。
 しかし、このシリーズでは、「社会」を国家との関係で位置づけたり、境界のある全体として見なしたり、あるいは、マルクスやヴェーバーのように経済的な力を社会の形状を決める究極的な決定因と見なす議論は扱わない。むしろ、そのような議論を批判する現代の論者たち――アーネスト・ゲルナーやジョン・A・ホール、アンソニー・ギデンズ、マイケル・マンといった歴史(社会)学者たち――が主導した見方、すなわちヒトとモノの領域を組織し、統制する複合的な諸力(政治的、経済的、文化的、軍事的な力)が歴史的にどのように発展していったのか、この観点から「社会」の歴史と理論を概説したい。 (講師・記)

〈今期のテーマ〉
このシリーズの最後となる今期は、1870年代にはじまる第二次産業革命期を取り上げる。この時期は重化学工業での技術革新が進み、消費面、娯楽面でも大きな進展が見られた。しかし、他方では、失業や低賃金労働が日常化するなど労使関係は冷え込んでいった。こうした経緯を確認しながら、19世紀がどのように捉えられるか、それが現代にどう影響したのかを考えたい。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/25, 11/8, 11/22, 12/13, 12/20
曜日・時間
第2週・第4週 月曜 20:00~21:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 一般 19,250円

講師詳細

堀内 進之介(ホリウチ シンノスケ)
1977年生まれ。博士(社会学)。Screenless Media Lab. 所長、首都大学東京客員研究員。現代位相研究所・首席研究員ほか。NHKマイあさラジオ今週のオピニオンコメンテーター。専門は、政治社会学・批判的社会理論。単著に『人工知能時代を〈善く生きる〉技術』(集英社新書、2018年)、『感情で釣られる人々』(集英社新書、2016年)、『知と情意の政治学』(教育評論社)、共著に『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎)、『悪という希望‐「生そのもの」のための政治社会学』(教育評論社)、『統治・自律・民主主義‐パターナリズムの政治社会学』(NTT出版)ほか多数。翻訳書に『アメコミヒーローの倫理学』(パルコ出版、2019年)、『魂を統治する』(以文社、2016)がある。