【教室受講】突然死を防ぐ方法    自分の身を守る
  • 教室開催

  • 高沢 謙二(東京医科大学名誉教授)
講師詳細

家族を始め、周囲の人の日常を一変させてしまうこともある「突然死」。日本では1年間に約10万人が予期せぬ症状で突然亡くなっています。その半数以上は心臓、残りは脳、呼吸器などに原因があるとされています。
 突然のように見えても、もし健診を受けていれば、異変が起きる可能性がすでに数値に表れていることが多いものです。それを見逃さずに対処ができれば、不測の事態の予防になりますが、そのためには、知っておきたいポイントがいくつかあります。
 また、現代の生活ではストレスがつきもの。しかしストレスが引き起こす自律神経の乱れは、心臓の疾患につながる可能性があることを知っておくことも大切です。
 今回の講座では、突然死を予防するためにできること、日常で気を付けたほうがよいことをわかりやすく紹介します。時間の許す限り、質疑応答の時間も取り、皆さんの日頃の疑問にもお答えしようと思います。  (講師記) 
教室、またはオンラインでご受講いただくことが可能です。どちらで受講されるかあらかじめお選びの上でお申込みください。
※(オンライン受講はWEB申し込みのみで承っております)

この講座は終了しました
日程
2022/2/26
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
※こちらは、教室受講ご希望の方のお申込みです。
 当日は教室入り口にて受講券をご提示ください。

講師詳細

高沢 謙二(タカザワ ケンジ)
 1952年生まれ。浦和高校、東京医科大学卒業。現在現在東京医科大学名誉教授、北京大学客員教授。国際血管健康学会(ISVH)理事、日本総合健診医学会 審議員、日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医。著書は主婦の友社より「自力で血管を強化する方法」、青春出版より「一日一分!血圧が下がる 血管ストレッチ」、講談社より「あなたの血管年齢は若返る」、等がある。「世界一受けたい授業」、「ためしてガッテン」「林修の今でしょ!講座」等のテレビにも出演。「血管年齢」の考案者である。