高千穂と日向三代の葬所 日本の聖地

  • 三浦 佑之(千葉大学名誉教授)
講師詳細

 タケミカヅチ(建御雷神)が武力によって制圧した地上(葦原の中つ国)に降りてきたのは、アマテラス(天照大御神)の孫ニニギ(迩々藝能命)であった。降りてきた場所は「筑紫の日向の高千穂のくじふる嶽」とされている。その高千穂とはどこにあるか。また、ニニギのあと、ホヲリ(火遠理命)、ウガヤフキアヘズ(鵜葺草葺不合命)と続く日向に暮らした三代の天つ神たちの葬所(そうしょ)はどのように伝えられているか。近代「日本」の神話作りの問題も含めて、日向神話の聖地について考えてみたい。 (講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室で開講しますが、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使い、オンラインでも受講が可能です。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の前日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座はメール登録のある受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み

注意事項

新型コロナウイルスの影響を鑑み、この講座は日程を変更し、オンライン(Zoomウェビナー)でも教室でもどちらでも受講できるハイブリッド講座として開講いたします。オンライン受講を希望される方はメールアドレスをご登録ください。(6/24更新)

日程
2020/7/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
持ち物など
・必要な資料はコピーを配布します。

講師詳細

三浦 佑之(ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/