歴史を支えた女性たち  麻布から広尾へ 古刹と大名庭園を歩く 

  • 山名 美和子(作家)
講師詳細

モダンな街並みの麻布十番あたりは古くから交通の要所で江戸時代から続く老舗も点在。善福寺、賢崇寺など古い寺々や社、わずかに残る大名屋敷跡はいにしえを伝えています。六本木ヒルズの敷地内にある毛利庭園は毛利家の屋敷跡、有栖川宮記念公園は南部藩の下屋敷でした。庭園の池や渓流に影を映す芽吹きを探し、春の訪れを満喫しましょう。

この講座は終了しました
日程
2019/3/26
曜日・時間
火曜 10:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,480円 一般 8,130円
持ち物など
東京メトロ南北線「麻布十番駅」改札 (大江戸線の改札からは徒歩5分ほどかかります) 10:30 集合・出発(時間厳守) 雨天決行
■食事代含む 飲み物代別
食事はフランス料理「コジト」でお魚料理を予定しています。食材アレルギーのある方は必ず事前(ご予約・お申込の際)にお申し出ください。
◆講座のお取り消し、ご欠席について                      
プロジェクト事業本部へ電話でお申し出ください。℡03-3344-2041 9:30~17:30(日曜・祝日を除く)
※食事付講座の取消について
講座の取消は電話でお申し出ください。(月~土9:30~17:30)
◎取消手数料3/15まで当社規定、3/16から全額の取消手数料が発生します。
飲み物代別、交通費、入園料、拝観料等は各自お支払い下さい。
■歩きやすい靴・服装、雨具、筆記用具、保険証等をご用意下さい。
その他
■参考テキスト 『乙女(ヒロイン)でたどる日本史』〈山名美和子 著・大和書房 だいわ文庫)
 ※ご希望の方は書店でお求め下さい。

講師詳細

山名 美和子(ヤマナ ミワコ)
歴史小説作家。早稲田大学文学部卒業。東京・埼玉の公立学校教員を経る。日本文藝家協会会員。日本ペンクラブ会報委員会委員。『梅花二輪』で第19回歴史文学賞入賞。著書として『光る海へ』『ういろう物語』(新人物往来社)、『甲斐姫物語』(鳳書院)、『乙女(ヒロイン)でたどる日本史』(大和書房)、『真田一族と幸村の城』(KADOKAWA)、『直虎の城』(時事通信社)、『列島縦断「幻の名城」を訪ねて』(集英社新書)など。共同執筆に『名城をゆく』(小学館)『名将の決断』(朝日新聞出版)ほか多数。