経済社会思想史 資本主義のモラルを考える 
  • 教室・オンライン同時開催

  • 野原 慎司(東京大学准教授)
講師詳細

 資本主義社会という言葉からは、モラルなき利己心の暴走を思い浮かべる方もいるかもしれません。資本主義社会における企業や個人は、多かれ少なかれ、自己の際限のない欲望をかなえようとして行動しています。しかし、際限のない欲望の追求は幸福に導くでしょうか。資本主義社会もまた、モラルを必要としているという思想家・経済学者は少なからずいました。資本主義社会が円滑に機能し、人々が幸福に暮らせるためには、モラルが必要ではないのかというのです。とりわけ、資本主義社会でのモラルとはいったい何なのかは、わたしたちの人生・生き方にも関係する問いです。本講義では、経済・社会思想家を取り上げながら、資本主義社会でのモラルについて考えます。それにより、資本主義社会での幸福とは何か、より良い生き方とは何かを考えるきっかけにできればと考えています。 (講師・記)   2022年1月期開講

<第一期 資本主義のモラル上の基礎>             
第1回 1月26日 デイヴィッド・ヒューム
第2回 2月16日 アダム・スミス(1)
第3回 3月 9日 アダム・スミス(2)

<全体のスケジュール>
Ⅰ 資本主義のモラル上の基礎
1、デイヴィッド・ヒューム
2、アダム・スミス(1)
3、アダム・スミス(2)
Ⅱ 資本主義のモラル
4、スコットランド啓蒙
5、J・S・ミル
6、カント
Ⅲ 資本主義の反モラル
7、マルクス
8、 ニーチェ
9、ハイデッガー
Ⅳ 資本主義と幸福
10、フロイト
11、M・ヴェーバー
12、ハンナ・アレント

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った教室でも、オンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。(1/26変更しました)

日程
2022/1/26, 2/16, 3/9
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
持ち物など
     
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

野原 慎司(ノハラ シンジ)
大阪府出身。専門:経済学史、アダム・スミス、資本主義思想史。東京大学大学院経済学研究科准教授。京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済システム分析専攻博士課程修了、経済学博士(京都大学)。著書に、野原・沖・高見『経済学史』(日本評論社、2019年)、Shinji Nohara,Commerce and Strangers in Adam Smith (Springer, 2018)などが、論文に、"Adam Smith's science of commerce:the effect of communication" Adam Smith Review, 11などがある。その他、ケンブリッジ大学visiting scholar、東京大学ExecutiveManagement Program講師・修了生などでもある。