生前供養としての介護術

  • 岡田 慎一郎(理学療法士)
講師詳細

「介護とは生前供養である」という考え方が、静かな共感を集めています。そもそも供養とは、亡くなった方の生前行ってきたことを知り、感謝し、冥福を祈る行為です。実は、介護こそが命のある今にそれらのことをしているという考えです。
しかし、現実的には、要介護の家族、親類、友人に対して、コミニケーションも取りにくく、何をして良いか分からない、時間を持て余すという意見があります。
当講座では、基本的な介護技術とリハビリを学ぶことで、介護を受ける方と向き合う時間を作り出すことを目標とします。具体的に出来ることがあるからこそ、想いを巡らせることも可能になるのではないでしょうか。介護の初心者を対象に新たな視点を提供するる講座です。(講師・記)

この講座は終了しました

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10講座の受付開始!新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/9/14
曜日・時間
土曜 15:45~17:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,780円 一般 4,428円
持ち物など
≪各自ご用意≫動きやすい服装でご参加下さい(スカート不可)。

講師詳細

岡田 慎一郎(オカダ シンイチロウ)
身体障害者、高齢者施設に勤務し、独自の身体介助法を模索する中、古武術の身体運用を参考にした「古武術介護」を提案したところ大きな反響を呼んだ。近年ではさらに普遍的な介護技術の追求を行いつつ、介護の枠を超え、医療、リハビリ、育児支援、教育など、幅広い分野で身体を通した発想と実践を展開させ、講演、執筆、企業アドバイザーなど多岐にわたる活動を行う。著書に「腰痛のない身体介助術」医学書院、「あたりまえのカラダ」イーストプレス、「親子で身体いきいき古武術あそび」NHK出版など多数。また、(株)JTBベネフィット 福利厚生プログラム「えらべる倶楽部」の監修者も務める。・公式ホームぺ―ジ http://shinichiro-okada.com/