コロナ禍時代の北東アジアの未来 分断を超えて 朝カルオンライン

  • 姜 尚中(東京大学名誉教授)
講師詳細

 新型コロナウイルスのパンデミックという未曾有の危機の中、日本や朝鮮半島を取り巻く北東アジアには、その周辺海域も含めて米中対立の影が広がりつつあります。その対立の焦点のひとつであり、日本の平和と安全にとって緊要な重要性を持つ朝鮮半島は、今後、どのような変化を遂げることになるのでしょうか。講義では、その点を過去30年の南北関係の推移を振り返りながら、明らかにしたいと思います。(講師・記) 

〈注意事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の3日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせて頂きます。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

■全国の教室でライブビューイング(教室視聴)受講も可能です。
パソコンやインターネットに不安がある方も気軽にご受講いただけます。
お申込みは以下の各教室のリンクから。もしくは教室にお電話ください。

〈神奈川県〉
・横浜教室
https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/c6e5e14c-7239-f211-6621-5f62c4ff8a3b

〈愛知県〉
・名古屋教室
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/2a0b0936-2042-e0fe-a6c0-5f4e24ca3f11

〈大阪府〉
・中之島教室
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/8d4f9e4a-394e-5735-ec68-5f61d128df6a

〈福岡県〉
・福岡教室
https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/c1f50f97-adef-9eab-9f4b-5f62bb1b5465

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

★ご登録のある方全員にZoom招待状を送付いたしました。(11/5 15:55更新)
・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。

日程
2020/11/6
曜日・時間
金曜 19:00~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,310円 一般 2,860円
持ち物など
〈参考文献〉 姜尚中『朝鮮半島と日本の未来』(集英社・新書)

講師詳細

姜 尚中(カン サンジュン)
1950年、熊本県熊本市に生まれる。国際基督教大学準教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授、聖学院大学学長などを経て、現在東京大学名誉教授。熊本県立劇場館長兼理事長。2018年4月より鎮西学院学院長に就任。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍。主な著書に『マックス・ウェーバーと近代』、『オリエンタリズムの彼方へ』、『ナショナリズム』、『東北アジア共同の家をめざして』、『増補版 日朝関係の克服』、『在日』『姜尚中の政治学入門』、『ニッポン・サバイバル』、『愛国の作法』、『悩む力』、『リーダーは半歩前を歩け』、『あなたは誰?私はここにいる』『心の力』『悪の力』『君に伝えたいこと』『漱石のことば』『逆境からの仕事学』『見抜く力』など。共著に『グローバル化の遠近法』、『ナショナリズムの克服』、『デモクラシーの冒険』、『戦争の世紀を超えて』、『大日本・満州帝国の遺産』など。編著に『在日一世の記憶』など。小説『母―オモニ―』、『心』を刊行。最新刊は「維新の影 ――近代日本一五〇年、思索の旅」。