心とからだに効く中国茶 体を温めるお茶
  • 教室開催

  • 簡 里佳(「今古茶藉」店主)
講師詳細

 体を温めたい時、それは体に冷えを感じている時。では、体が冷えを感じるのはどういう状態なのでしょうか。平均的な体温は36度くらいですが、外気は体温より10度から13度くらい低い気温が一番居心地が良いといいます。その気温より上回ると徐々に暑く感じ、下回ると寒く感じるのです。この寒暖差を対処するためにお茶は効果的なのです。
日本では「朝茶は福を増す」といい、昔から朝茶は災いから逃れ、縁起のよいものといわれています。今回は「体を温めるお茶」というテーマを通して、
1.自分に合う「茶葉の選択方法」
2.自分に合う「お茶の飲むタイミングの計算」
3.適量の茶葉の用意
の3点を中心に話します。興味のある方はぜひどうぞ!(講師記)

*本講座はオンラインと同時進行で開催いたします。講師は教室に出講します。






お申し込み

注意事項

教室受講でお申込みの方はアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/1/29
曜日・時間
土曜 11:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
教材費(税込)
-
設備費(税込)
165円
持ち物など
<各自ご用意ください>
・筆記用具
・必要な方は飲み水、マイカップ(磁器またはガラス)をご持参ください。紙コップご利用の方は当社がご用意いたします。
・教材費 2,200円 *教材費は教室内で現金でお支払いください
その他
・教材準備の為、お申し込み・キャンセルとも締め切りは3日前です。
 キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
・教室変更の場合があります。当日の案内表示をご確認ください。
・こちらは<教室受講>のお申し込みページです

講師詳細

簡 里佳(カン リカ)
台湾台北出身。中国茶葉学会所属。お茶のプロを目指し、昭和女子大学にて地理文化の修士号を取得。1998年、渋谷区富ヶ谷で中国茶専門店「今古茶藉(ここんちゃせき)」を開店。現地で直接見極め買い付けをしている。また、自店でのお茶教室の他、招待講師として東急ハンズ、バカラ、雑誌クロワッサン、ほぼ日刊イトイ新聞等で活動。テレビ出演「マツコの知らない世界」他。お茶のプロが学びに来る「お茶の現場」を知り尽くした中国茶の達人。