• トライアル可

イエイツが編纂したアイルランドの妖精物語を英語で読む

  • 渡辺 洋子(アイルランド伝承文学研究家)
講師詳細

 詩人W.B.イエイツが編纂した『アイルランドの民話集』(Fairy and Folk Tales of the Irish Peasantry)を原文で読みます。
 1865年ダブリンの郊外で生まれたイエイツはその後ロンドンで暮らすことになりますが、毎年夏休みは母親の故郷である、アイルランドの北西部の町スライゴで過ごしました。美しい自然や叔父たちや使用人たちが語る妖精物語に囲まれて過ごした日々は、詩人イエイツに多大なインスピレーションを与えただけでなく、不思議な物語の世界への扉を開くことになりました。1885年20歳の時、初めて自作の詩を出版しますが、その2年後1887年に『アイルランドの民話集』を編纂し出版します。
 アイルランドでは19世紀の初頭から民話の収集が始まり、20世紀に入ると国家的な仕事になりますが、イエイツの民話集には主に19世紀の文学者や民話研究者の集めた物語が収められています。これらの話は今ではアイルランドの民話の古典として親しまれ、日本にも紹介されています。それぞれの話には語った人々のなまりがあり、原文ならではの楽しみを味わうことができます。
2018年1月期からこの『イエイツの民話集』を読みはじめましたが、引き続きこのテキストを読みます。毎期読み切り、短編なので、途中からのご受講でも充分楽しめます。
英語の苦手な方も、英語の音を楽しみ、クラスのお仲間の訳に耳を傾け、その世界をお楽しみいただくことができます。多くの方たちのご参加をお待ちしています。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/5, 10/19, 11/2, 11/16, 12/7, 12/21
曜日・時間
第1週・第3週 月曜 11:45~13:15
回数
6回
受講料(税込)
会員 22,440円 
持ち物など
<テキスト>「Fairy and Folk Tales of the Irish Peasantry」(ISBN978-0486269412 約3000円)を使用。(テキスト代は受講料に含まれていません。夏期と冬期・年に2回の講座で、数年に渡って使用しますので、続けてご受講の場合は購入をお勧めします(各自で書店などでお買い求めください)※購入されない場合などのご相談は担当までお願いします。
・それ以外にコピー代を実費でお支払していただくことがあります。(※現金払いのみで承ります)。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

渡辺 洋子(ワタナベ ヨウコ)
アイルランド伝承文学研究家。聖心女子大学英文科卒業。アイルランド文学会連合の創設者、三橋敦子氏に師事し、ゲール語とアイルランド文学について学ぶ。ディラ国際語学アカデミー、朝日カルチャーセンター 英語、アイルランド語講師、日本民話の会・外国民話研究会、イアシル・ジャパン 会員。
著書:『アイルランド 自然・歴史・物語の旅』(三弥井書店)、共著:『子どもに語る アイルランドの昔話』(こぐま社)『アイルランド民話の旅』(三弥井書店)、訳書:『塩の水のほとりで』(冬花社)その他がある。