デッサンについて考える

  • 講師作品
  • 渡辺 一宏(彫刻家)
講師詳細

デッサンを、「常日頃手を動かすこと」で習得して来た方は多いのではないでしょうか。
今回の講座はデッサンというものを、「改めて頭できちんと理解し整理し直す」ことがテーマです。
そうすることで、今迄とは違った見え方が期待できることでしょう。
かたちは、どうしてそう目に映るのか。それをどう表現するのか。彫刻家として対象と向き合ってきた講師によるデッサンの理論です。

この講座は終了しました
日程
2020/2/22
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

渡辺 一宏(ワタナベ カズヒロ)
1953年宮崎県生まれ。1985年東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。1994-95年 次代を担う13名の作家たち展(上野松坂屋)、 2000年 「かたち・ふれあい」展(実践女子短大)、2001年 日向現代彫刻展、2001年から 宮崎現代彫刻展・空港展、2004年 INTER-SPACE展(韓国大邱市)、2005年 SMALL MONUMENTS展(オランダ、ベルギー、ドイツ)、2006年からGreen Arts展(国営昭和記念公園)、2007年 「接近展」パートⅣ(府中美術館)