「躁鬱大学」 出版記念オンライン講座

  • 坂口 恭平(作家)
講師詳細

 自身も躁鬱病と診断され、気分の浮き沈みの激しさに苦しんできた『躁鬱大学 気分の波でなやんでいるのは、あなただけではありません』の著者、坂口恭平さん。「どうにかしたいと躁鬱病に関する本を読んでも、どれも指図ばかりでやらなくちゃいけないことばかり。」どうして症状が出るのか、そういう時にどうすればいいのか。少しでも心が楽に、窮屈にならずのびのびと過ごすには。著者自身がもがきながらもつかんだ健やかに生きていくための技術とは。
 ユーモアあふれるヒントが満載の『躁鬱大学』の出版を記念して、気分の波とどのように付き合っていけばいいのか、自らの経験をもとにお話しいただきます。


テキスト:「躁鬱大学」坂口恭平(新潮社)
新潮社 : https://www.shinchosha.co.jp/book/335953/
Amazon : https://www.amazon.co.jp/%E8%BA%81%E9%AC%B1%E5%A4%A7%E5%AD%A6-%E6%B0%97%E5%88%86%E3%81%AE%E6%B3%A2%E3%81%A7%E6%82%A9%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-%E5%9D%82%E5%8F%A3-%E6%81%AD%E5%B9%B3/dp/4103359536

<オンライン講座 注意事項>
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。 

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/5/22
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
持ち物など
テキスト:「躁鬱大学」坂口恭平(新潮社)
https://www.shinchosha.co.jp/book/335953/
※テキストは事前に各自でお求めください。

講師詳細

坂口 恭平(サカグチ キョウヘイ)
1978年、熊本県生まれ。2001年、早稲田大学理工学部卒業。作家、建築家、絵描き、音楽家、「いのっちの電話」相談員など多彩な顔を持ち、いずれの活動も国内外で高く評価される。『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(河出文庫)、『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)、『幻年時代』(幻冬舎文庫/熊日出版文化賞受賞)、『坂口恭平 躁鬱日記』(医学書院)、『自分の薬をつくる』(晶文社)、『Pastel』(左右社)ほか著作多数。