ジョージ・オーウェル「一九八四年」の世界2 「ニュースピーク」とディストピアの言葉づかい
  • 教室・オンライン同時開催

  • 川端 康雄(日本女子大学教授)
講師詳細

本講座では、慶應義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」シリーズの一冊として2022年4 月に刊行された『オーウェル『一九八四年』――ディストピアを生き抜くために』をテキストとして、『一九八四年』がどのようにして書かれたか、また初期の受容がどのようなものであったか、という点から初めて、これが成立した時代状況をふまえて、主要人物たちの「愛」の関係、政治と言語、「プロール」の表象、ポピュラー・カルチャー、「人間らしさ」の価値など、重要なトピックを取り上げてこの小説を読み解きます。(講師・記)

★第2回 「ニュースピーク」とディストピアの言葉づかい
 『一九八四年』では、前作『動物農場』とも共通するオーウェル特有の「ディストピアの言語学」が展開されています。小説世界のなかで公用語とされている「ニュースピーク」に注目し、オセアニア国の言語政策とその狙いを確認したうえで、そこで問題とされている政治と言語の関連について考えてみたいと思います。

〈スケジュール〉
第1回 小説世界の「近接性」と「異質性」――「愛」と「黄金郷」 終了
第2回 「ニュースピーク」とディストピアの言葉づかい
第3回 「歴史のひとかけら」と「人間らしさ」への希望 2023年冬予定

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/12/24
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

川端 康雄(カワバタ ヤスオ)
英文学者、日本女子大学教授。横浜市生まれ。明治大学大学院博士後期課程単位取得退学。十文字学園女子大学教授等を経て2002年より日本女子大学文学部英文学科教授。
著書に『もっと知りたいバーン=ジョーンズ』(共著、東京書籍 2012)、『葉蘭をめぐる冒険』(みすず書房 2013)、『ウィリアム・モリスの遺したもの』(岩波書店 2016)、翻訳にラスキン『ゴシックの本質』(みすず書房、2011)、モリス『ユートピアだより』(岩波文庫 2013)、『理想の書物』(ちくま学芸文庫、2006)、ネイラー『アーツ・アンド・クラフツ運動』(共訳、みすず書房、2013)ほか多数。