くらしの俳句

  • 小川 晴子(「今日の花」主宰)
講師詳細

 昭和二十二年中村汀女創刊の俳誌「風花」の裏表紙に「今日の風、今日の花」という言葉が書かれています。それは、今日心新しくあれば、風も新た、花も新たという意味です。私達は美しい自然の中で五感を充分に使って、心に響いた思いを十七文字に詠みたいと思います。
 初心者の方には、個人的に添削指導をしながら、句会形式で楽しみ、俳句の基礎から先人の名句を通して学んで行きます。日々の暮しを、俳句を作り豊かに楽しみましょう。(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/4/8, 5/13, 6/10, 7/8, 9/9
曜日・時間
第2 月曜 13:00~15:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,740円 
教材費(税込)
教材費 540円
持ち物など
毎回句会形式です。新規の方は次回の兼題で5~6句を準備してください。
兼題は順次翌月のものを決定していきます。お問い合わせください。

講師詳細

小川 晴子(オガワ ハルコ)
公益社団法人 俳人協会評議員 「風花」副主宰、2017年11月より「今日の花」主宰に。
昭和21年、千葉市生まれ。祖母・中村汀女、母・小川濤美子に師事。句集に『花信』、『摂津』がある。東京、神戸、ニューヨークなど句会指導。「全国俳句大会 in北九州」選者 「大法輪」俳壇選者。