ギリシア神話図像学の基礎 美神アフロディテ

  • アルルのアフロディテ
  • 塚本 博(明治学院大学講師)
講師詳細

西洋美術の主題には、太陽神アポロンや美と愛の女神アフロディテなどギリシアの神々がしばしば登場します。その神々はアトリビュート(持物)を持ち、その存在を明示しながらさまざまなドラマを演じます。ゼウスの変身譚などは美術表現として実に多様で、古代にもルネサンスにも多くの作例があります。
この講座では、ギリシア神話を図像学の観点から基本的な持物や物語などを解説し、古代美術やルネサンス美術における神々や英雄たちの美術表現を、豊富な画像を上映して解明します。(講師・記)

第1回 7/8 美神アフロディテ像の変遷
第2回 7/22 美神アフロディテの恋物語
第3回 8/26 酒神ディオニュソスの航海
第4回 9/9 ディオニュソスの遠征と凱旋

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/7/8, 7/22, 8/26, 9/9
曜日・時間
第2・4 月曜 13:00~14:30
回数
4回
受講料(税込)
会員 12,960円 
持ち物など
<テキスト>『西洋古代美術とギリシア神話』塚本博著 DTP出版(1,944円)
各自ご用意いただくか、講座申込の際にご予約ください(講座日の一週間前まで)。初回に住友ビル10階カウンターで予約販売いたします。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

塚本 博(ツカモト ヒロシ)
1950年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科美術史学博士課程修了。現在、明治学院大学講師、横浜市立大学講師。毎年、海外美術ツアーを企画し欧米の各地に同行講師として赴いている。著書『イタリア・ルネサンス美術の水脈』(三元社)、『イタリア・ルネサンスの扉を開く』(角川書店)、『すぐわかる作家別・ルネサンスの美術』(東京美術)。訳書E.カメザスカ『マンテーニャ』(東京書籍)、R.ゴッフェン『ティツィアーノの女性たち』(三元社)。詩集『地中海と大理石』(DTP出版)