ビートルズから始まる犯罪心理学論

  • 桐生 正幸(東洋大学教授)
講師詳細

 この講座では、現代における犯罪心理学のテーマと研究方法について、ビートルズのトピックスから概観してみたいと思います。
 1960年代活躍したビートルズの影響は、ポップカルチャーだけにとどまらず現代社会の様々な分野や生活様式に及ぼしており、社会のネガティブな側面を描く犯罪事象にも、彼らの痕跡がうかがわれます。非行、ドラッグ、カルト教団、スター・ストーカーなどを切り口に、お話しできればと思っております。(講師記)

この講座は終了しました

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10講座の受付開始!新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/9/18
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
筆記用具

講師詳細

桐生 正幸(キリウ マサユキ)
1960年山形県生まれ。文教大学人間科学部人間科学科心理学専修。博士(学術)。山形県警本部科学捜査研究所主任研究官、関西国際大学人間科学部教授および防犯・防災研究所長を経て、東洋大学社会学部社会心理学科教授、日本犯罪心理学会全国理事、日本法科秘術学会評議委員、日本応用心理学会理事などを務める。