新西洋美術史 ロココ絵画(2) 美術と時代・社会

  • 千足伸行講師
  • 千足 伸行(成城大学名誉教授)
講師詳細

 18世紀は「フランスの世紀」とも呼ばれますが、フランスの世紀とは「ロココの世紀」でもありました。ロココを代表する画家としては前回見たワトー、ブーシェが挙げられますが、これにフラゴナール、シャルダンを加えてロココの「四天王」が出揃うことになります。
ロココ美術は確かにフランス的現象でしたが、絵画という視点からすると無視できないのがイギリスです。イギリスは絵画に関しては明らかな後進国でしたが、18世紀に入ると、「イギリス絵画の父」とされるホガース、優美な肖像画で知られるレノルズ、ゲインズバラ、天才詩人でもあったブレイク、幻想的な主題と作風で知られるフュースリなど、個性豊かな画家たちが登場してきました。今回は日本ではほとんど紹介されてないこれらイギリスの「新興勢力」にも焦点を当てることにします。(講師・記)


1:香水の町から出た画家:フラゴナール
2:市民たちの日々是好日:シャルダン
3:風刺とユーモアの天才:ホガース
4:ロココ的肖像の名手:レノルズとゲインズバラ
5:夢と幻想の世界:ブレイクとフュースリ



この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

受付一時中止

注意事項

最新更新:■新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/18(1月期補講)は休講になりました。補講日は未定です。(1/1、は調整中の為、仮日程です) 4/2記
過去更新:・新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/28補講休講→4/18補講 に変更になります。
過去更新:・新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/7は休講、3/28土曜10:00~12:00に補講を行ないます。(開始時間がいつもより15分早まります)

日程
2020/1/18, 2/1, 2/29, 3/21, 1/1
曜日・時間
土曜 10:15~12:15
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

千足 伸行(センゾク ノブユキ)
1940年生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。専門は北方ルネサンス、近代絵画。東京放送(TBS)を経て国立西洋美術館に勤務。退職後、成城大学文芸学部教授となり、現在に至る。その間ミュンヘン大学に留学。主な著書:『ロマン主義芸術』(美術出版社)、『北方ルネサンス絵画』(講談社)、『ゴッホ』(朝日グラフ増刊、朝日新聞社)、『アール・ヌーヴォーの世界(Ⅱ)』(学習研究社)、『新西洋美術史』(西村書店)、『アール・ヌーヴォーとアール・デコ:甦る黄金時代』(小学館)ほか。