絵画で学ぶダンテの神曲

  • ボッティチェリ≪地獄の見取り図≫
  • 田中 久美子(文星芸術大学教授)
講師詳細

 トスカーナ語で書かれたダンテの『神曲』は、ルネサンスの到来を告げる壮大な叙事詩です。ドラクロワ、ボッティチェリ、ドレなど数多くの芸術家たちが『神曲』に想を得た創造力あふれる作品を描いています。こうした名画の数々を鑑賞しながら、ダンテの『神曲』の世界をめぐり、ダンテが『神曲』に込めた謎にせまりましょう。

<今期のテーマ>
1 地獄篇の世界
2 煉獄篇の世界
3 天国篇の世界
※講義内容は進度などにより変更になることがあります。

この講座は終了しました
日程
2019/7/25, 8/22, 9/26
曜日・時間
木曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,720円 一般 11,664円
その他
資料が多いとき、コピー代を実費でいただくことがあります。予めご了承ください。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

田中 久美子(タナカ クミコ)
東京芸術大学大学院博士課程修了。専門はフランス中世の美術史。著訳書:『イメージとテキスト』(共著)(ブリュッケ)、『周縁のイメージ』(共訳)(ありな書房)、『美術史の歴史』(共訳)(ブリュッケ)、『中世における女性の視覚化』マデリン・キャヴィネス著(ありな書房)著作:フランス近世美術叢書I『装飾と建築』、II『絵画と受容』、III『美術と都市』、IV『絵画と表象I』(共著)(ありな書房)、『黙示録の美術』(竹林舎))、『フォンテーヌブローの饗宴』(ありな書房)。