民主主義と閉塞感‐政治の思想と哲学
  • オンライン講座

  • 堀内 進之介(政治社会学者)
講師詳細

  「閉塞感」が社会全体を覆うと、社会のことは置いといて、自分だけでもどうにかなる道を考えざるを得なくなる。しかし、そうしていると「閉塞感」はまもなく個人のレベルにまで降りてくる。社会にも、自分にも現状を打破する道が見えなくなる。
 「だから、もっと民主的な政治を!」という声がかかる。民主主義には確かに多くの利点がある。それは、これまでにも多く議論され、説明されてきたことだ。しかし、その利点は、なぜ、どうして民主主義的な社会にあって、十分に開花しないのだろう。民主的な政治の外側に、何か阻むものがあるのだろうか。それとも、民主主義それ自体の中に、何か原因があるのだろうか。
 この講義では、こうした問題関心のもとで、民主的な政治のよさを一旦括弧に入れて、現状の閉塞感の要因を考えてみたい。ハーバーマス、マルクス、ラディカル民主主義など、いくつかの主要な学説も解説しつつ、民主的な政治と制度を改めて見直したい。 (講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

★講師体調不良のため2/14は休講です。補講は4/4(月)19時から行います。(2/28)
・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/1/10, 1/24, 2/28, 3/14, 3/28, 4/4
曜日・時間
第2週・第4週 月曜 19:00~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 一般 23,100円

講師詳細

堀内 進之介(ホリウチ シンノスケ)
1977年生まれ。博士(社会学)。Screenless Media Lab. 所長、首都大学東京客員研究員。現代位相研究所・首席研究員ほか。NHKマイあさラジオ今週のオピニオンコメンテーター。専門は、政治社会学・批判的社会理論。単著に『人工知能時代を〈善く生きる〉技術』(集英社新書、2018年)、『感情で釣られる人々』(集英社新書、2016年)、『知と情意の政治学』(教育評論社)、共著に『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎)、『悪という希望‐「生そのもの」のための政治社会学』(教育評論社)、『統治・自律・民主主義‐パターナリズムの政治社会学』(NTT出版)ほか多数。翻訳書に『アメコミヒーローの倫理学』(パルコ出版、2019年)、『魂を統治する』(以文社、2016)がある。