包摂と排除から見るアメリカ史24講 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 金井 光太朗(東京外国語大学名誉教授)
講師詳細

 アメリカでの入植、移民、開拓の急速な展開は人類の偉業です。能力主義的で効率的な社会を建設するアメリカン・ウェイは近代社会の標準です。しかし、それは民族浄化と奴隷制、男女の役割を固定化するジェンダー・ギャップの上に達成されたのです。白人中産階級男性を中心とする「偉大さ」に対して排除されてきた人々が次々と声を上げる一方、それに危機感を持つ白人は、トランプのMAGA(Make America Great Again:アメリカ合衆国を再び偉大な国に)に結集しました。この講座では、多文化の平等な共生こそ偉大さとする問い直しの系譜を見てゆきます。(講師・記)

〈スケジュール〉
第1回 文化戦争:西洋由来の普遍価値と多文化主義
第2回 ブルーとレッドの転換:28年と64年の大統領選挙
第3回 キングとマルコム:アフリカン・アメリカンの尊厳回復
第4回 『フェミニン・ミスティーク』:ジェンダー問題の意識化
第5回 コスパの経営と新自由主義:メリトクラシーの正義と脅威
第6回 ブラック・ライブズ・マター:「偉大なアメリカ」の解体

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/7/15, 8/5, 8/19, 9/2, 9/16, 9/30
曜日・時間
木曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

金井 光太朗(カナイ コウタロウ)
1953年生まれ。東京外国語大学名誉教授。専攻はアメリカ政治史。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退、米国ブラウン大学留学。著作『アメリカにおける公共性・革命・国家』(木鐸社)、『アメリカのアイデンティティとナショナリズム』(共著、彩流社)『近代アメリカの公共圏と市民』(共著、東京大学出版会)など。訳書ゴードン・ウッド『ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になる』(共訳、慶應義塾大学出版会)、コリン・ウッダード『11の国のアメリカ史』(共訳、岩波書店)。