川越ディープ建築散歩 新河岸川沿いの歴史的建造物と桜並木散策

  • 川越氷川神社本殿
  • ヤオコー川越美術館
  • 荒牧 澄多(NPO法人 全国町並み保存連盟 常任理事)
講師詳細

川越の町並みをディープに探訪する大好評シリーズ第3弾!
蔵造りの町並みの北に位置する広済寺からスタート。川越百景選定の名勝地・新河岸川沿いの桜並木を散策しながら、氷川神社・ヤオコー川越美術館まで。県・市指定文化財建造物をはじめとし、市民も知らないもう一つの川越の魅力をご案内します。昼食付。

この講座は終了しました
日程
2019/4/3
曜日・時間
水曜 11:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,500円 一般 7,150円
持ち物など
◇西武新宿線本川越駅 1階改札前集合 (当日受付開始10:45~) ◎雨天決行
※食事代含む(食材によってアレルギーのある方は、必ず事前にお申し出ください。)
◇拝観料・一部移動時 路線バス代は含まれません。当日小銭をご用意ください。
その他
【食事付講座の取消について】
◎当日の欠席連絡 朝日カルチャーセンタープロジェクト事業本部 ℡03-3344-2041へ(朝9:30以降)
◎取消手数料 3/23で当社規定、3/24から全額の取消手数料が発生します

講師詳細

荒牧 澄多(アラマキ スミカズ)
昭和31年(1956)川越市生まれ。東京都立大学大学院修了後、川越市役所入庁。営繕、再開発、文化財保護、都市景観などの部門を経て、平成29年3月川越市立博物館を最後に退職。在職中、公共建築の設計監理のほか、蔵造りをはじめとする伝統的な町屋・町並みの保存に関わる。博物館では、企画展「蔵・倉・くら―蔵造りを知ろう―」を担当。これまで、公私ともに川越の町並み保存に関わってきた。現在、NPO法人全国町並み保存連盟常任理事、NPO法人川越蔵の会理事。町や町づくりの諸課題に関するお手伝い人。