ドイツ近現代史再考 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 石田 勇治(東京大学教授)
講師詳細

 なぜドイツにヒトラー独裁が成立したのでしょうか。それはプロイセン王国首相、ビスマルクの「鉄血政策」によって実現したドイツ史上初の統一国家、ドイツ帝国とどのような関係にあるのでしょうか。今回の講義では、自由と統一を求めて模索した19世紀のドイツが、やがて「世界強国」への道を突き進み、敗戦からヴァイマル共和政を経て、ヒトラー独裁へといたる波乱に富んだ歴史を、近年の歴史学の成果を踏まえて振り返ります。 (講師・記)

〈スケジュール〉
第1回 19世紀のドイツ:自由と統一を求めて 
第2回 ドイツ帝国の創建(1871年)とその変容
第3回 帝政崩壊後のドイツ:ヴァイマル共和政からヒトラー独裁へ、歴史における連続と断絶

<参考書>
石田勇治編「図説ドイツの歴史」(河出書房新社)
https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309761053/
石田勇治著「20世紀ドイツ史」(白水社)
https://www.hakusuisha.co.jp/book/b508439.html
〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/8/27, 9/10, 9/24
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,550円
その他
・終了時間を延長することがございます。予めご了承ください。

講師詳細

石田 勇治(イシダ ユウジ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。ドイツ近現代史専攻。
1957年京都市生まれ。東京外国語大学卒業。東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)修士課程修了、マールブルク大学社会科学哲学部博士号取得。ベルリン工科大学客員研究員、ハレ大学客員教授を歴任。2005年より現職。
主な著書に『過去の克服―ヒトラー後のドイツ』(白水社)、『20世紀ドイツ史』(白水社)、『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社現代新書)、共著に『ナチスの「手口」と緊急事態条項』(集英社新書)、『図説ドイツの歴史』(河出書房新社)、『ジェノサイドと現代世界』(勉誠出版)、資料集に『資料ドイツ外交官の見た南京事件』(大月書店)、監修に『ヒトラー(上)(下)』(イアン・カーショー著・白水社)などがある。