自由律俳句研究会
  • オンライン講座

  • せきしろ (俳人)
講師詳細

 自由律俳句とは、五七五の韻律に縛られず季語も不要な俳句で、尾崎放哉の「咳をしてもひとり」や、種田山頭火の「分け入つても分け入つても青い山」が思い出されます。
 この講座では、多くの句を生み出し続けているせきしろさんを講師に迎えて作句に挑戦します。日々の暮らしの風景と、自分の気持ちを注意深く観察して、自由律俳句に昇華させてみませんか。

★この講座は、双方向にやりとりができるZOOMミーティングによるオンライン講座ですが、講座の録画とアーカイブ配信を予定しています。下記の注意事項をご確認ください。投句についてはご案内の「講座予定カリキュラム」をご確認ください。

・・・
オンライン講座にご参加の際は、ご参加画面でのご自身のお名前の明記と、お顔出し(カメラオン)をお願いいたします。音声はオフ(ミュート)にして参加、講師の指示がある時のみオンにし、その後はまたオフにしてください。
円滑な授業のために、みなさまのご協力をお願い申し上げます。
・・・

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

残席わずか
日程
2022/10/15, 11/19, 12/17
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,230円 一般 11,880円
持ち物など
講座予定カリキュラム:
◆初回は講義と質疑応答。次回のお題を発表。
◆2回目、3回目の投句について
・投句方法:お一人三句まで。1回目講義後に、Googleフォームのアドレスをご案内します。
・締め切り:各開講前週の月曜日中。作品集は水曜日をめどにメール配布します。
※投句の際は俳号(ペンネーム)可ですが、本名も記載して下さい。

講師詳細

せきしろ (セキシロ )
1970年、北海道生まれ。作家、俳人。主な著書に『去年ルノアールで』(マガジンハウス、2006年)、『たとえる技術』(文響社、2016年)、『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』(双葉社、2017年)、『その落とし物は誰かの形見かもしれない』(集英社、2021年)、共著に、『カキフライが無いなら来なかった』(幻冬舎、2009年、又吉直樹共著)、『蕎麦湯が来ない』(マガジンハウス、2020年、又吉直樹共著)など多数。