【WEB割】基本6色で学ぶ油彩の混色テクニック

  • 参考作品
  • 阿曽沼 明(新制作協会)
講師詳細

同じモチーフを写真で撮影した場合と絵に描いて比較すると、絵の方が触れそうな立体感の錯覚を覚えることが多いと思います。その錯覚は「色」の効果によるものです。「色」は絵を描く時の一番大切な要素と言っても過言ではありません。ここでは基本6色の特性をわかりやすく解説し、その効果的な使い方をレクチャーしていきます。初心者は色の基本を理解し、経験者は効果的な色の用い方やテクニックを知ることでさらなる上達を目指せます。(講師記)

お申し込み

注意事項

【WEB割引キャンペーン】対象講座です。定員に限りがあります。
他の割引との併用はできません。

日程
2020/5/28, 6/11
曜日・時間
木曜 10:00~12:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 8,118円 一般 10,098円
持ち物など
油絵具セット(普段お使いの物)、絵筆(4~8号程度6本以上)、ペインティングオイル類、油壺類、フキサチーフ、刷毛、パレット、張キャンバスF6を2枚、鉛筆(2B程度)、メモ用紙、定規(30cm)、ボロ布(多めに)、汚れ防止のエプロン類
その他
教材費(基本6色の油絵具ほか一部画材)約3,000円は教室でお支払いください。恐れ入りますが現金のみ承ります。

講師詳細

阿曽沼 明(アソヌマ アキラ)
和光大学人文学部芸術学科卒業。新制作展出品、新作家賞受賞。他、上野の森大賞展、現代美術選抜展(文化庁主催)出品。2008年、個展開催。現在、新制作協会会員、日本美術家連盟会員、横浜美術協会会員。