【教室受講】地球の息吹 鉱物のひみつ
  • 教室開催

  • 門馬 綱一さん
  • 水亜鉛銅鉱
  • 門馬 綱一(国立科学博物館地学研究部研究主幹)
講師詳細

地球の約85%は鉱物からできています。鉱物は基本的に原子が規則正しく並んだ結晶であり、その形には、ミクロの世界の規則性が反映されています。また、鉱物は地球の奥深くの情報を伝えてくれる地下からの手紙でもあり、昔のことを教えてくれるタイムカプセルでもあります。
本講座では、結晶のもつ様々な性質や、新種の鉱物研究についての最新の話題から、古くて新しい「鉱物の形」に関する研究、各種鉱物が生成する環境など、鉱物にまつわる様々な話題を取り上げながら、地球上の「鉱物の多様性」がなぜ生まれたのかを考えます。 (講師・記)

この講座は終了しました

注意事項

・教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ea80b614-4ea1-2e7b-7005-62fddcc0f8d0
・メールアドレスの登録がある受講者全員にアーカイブ動画を配信いたします。

日程
2022/11/3
曜日・時間
木曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

門馬 綱一(モンマ コウイチ)
国立科学博物館地学研究部研究主幹/国際鉱物学連合 新鉱物・命名・分類委員会 日本代表委員
2009年東北大学大学院博士課程修了、博士(理学)。物質・材料研究機構研究員などを経て2017年より現職。専門は鉱物学、結晶学。
主な著書に「鉱物の博物学(秀和システム)」、「起源がわかる宝石大全(ナツメ社)」(いずれも共著)、監修に「小学館の図鑑NEO 岩石・鉱物・化石(小学館)」、「愛蔵版 楽しい鉱物図鑑(草思社)」などがある。